「銀座隠れ家サロン」 笑って泣いて人生マイペースに思いのままセラピストあかねのブログ


by akane_r_space
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:色の効果 ( 8 ) タグの人気記事


色のお話、、、

去年からだいぶ時間が、かかりました(汗)
すみません

今日で最終話です。

ピンクです

女性らしさである、癒し、愛情、豊かさ、優しさ、といったものを持つカラーです。
ホルモンバランスを整えてくれるともいわれ、婦人科系の疾病を緩和させるともいわれています

「ピンク」という色から私は桜を連想してしまいます。
寒い日が続きますと春が待ち遠しいですね。

桜の花のパァーと咲いて、華麗に散っていく姿が大好きです。

ピンクは幸せな気分にしてくれます。
だから、お花見の観光客はみんなうれしそうなのかしら?
それとも花より団子かしら?

私は桜も好きですが、やはり後者かしら(笑)

身体への影響
脳への血液、がんばりすぎているときに味方になる色
ホルモンバランスを整えるよう働きかける
美しい肌、体内作りにも作用する
体の波動を高める
治癒力を高める

感情への影響
プラス時→何かこだわっているものから自ら解き放ちたいという思いが強まる
マイナス時→支配的、狂言的、自愛にかける


ピンクセラピーと言う療法をご存知ですか?
ドイツの哲学者ルドルフ・シュタイナーは生命を象徴する色と定義しています。

とても興味があり、昔受けたことがあります。
画用紙を渡され、ひたすらピンク色に塗っていきます。
私はだんだんピンク色を塗っていくうちに今迄の人生で幸福だった時を思い出しました。
もちろん個人差はあるとは思いますが、心のケアによいセラピーだなと感じました。

また、情緒不安定や凶暴性のある人を実際に沈静させる効果があることが発見されています

攻撃的で凶暴だった収容者をピンクの色に塗られた独房に入った数分後には、おとなしくなったと刑務所などで実地テストされたそうです。


ピンクを通して気持ちを静め、自分のことを愛せ、人からも愛される自分になれるでしょう。

何かに失敗したり、憤りを感じたときなど自分のことなんて大嫌い!!!と、思ってしまうこともあるかもしれません。

そんなときはぜひピンクマジックで心も体も癒してあげて下さい。
[PR]
by akane_r_space | 2008-01-22 12:28 | 色の効果
お正月明けいかがお過ごしですか?
新たな気持ちでスタートがきれていること願います。

引き続き色のお話です。
今日はです。

昔から、高貴な色として、尊ばれていました。
聖徳太子が定めた階級の位がいちばん高いことを表す冠の色が紫だったそうです
当時、布を紫に染めるには高価な紫草の根 (紫根)が大量に必要で、労力と時間が
かかったことも、高貴な色に選ばれる理由の一つなのでしょう。
また、紫根は、皮膚病の薬や胃腸薬として使われてきました。
紫には、回復する力があり、紫の波長には、細胞の中の遺伝子の損傷をなおす働きがあることが解明され、心や体が傷ついた時の癒しの色でもあります。

身体への影響
脳下衰退、目を丈夫に、白血球の生成、血液の浄化、ナトリウムとカリウムのバランス、頭頂部、脳、頭皮、松果体を象徴する色。心筋を含む全ての筋肉の緊張を解放。体内の炎症、免疫システムの障害、出血量の低下
(特にすみれ色は胎児とつながる色で不妊治療によいといわれている)

感情への変化
プラス時→自尊心、威厳、自重などの感情に働きかける。
マイナス時→忘れっぽい、理屈っぽい、分散

過度に周囲の反応が気になるとき、情緒不安定時は避けたい色です。

感受性や直観力を磨くエネルギーを持ち、潜在能力を引き出します。
また、濃い紫は特に向上心をサポートするので、お正月休みが長く、お仕事モードでなくなってしまった方にもお勧めですね~(笑)

クレオパトラが愛した色とも言われてます。
歴史上、最も有名でありながら、クレオパトラの実像は神秘の厚いベールで覆われ
ている謎めいた人物ですよね。
紫には、謎めいたムードがあり、クレオパトラっぽいなとなんとなく納得!!

三大美女が愛した色ですからぜひ、女性には積極的に身につけていただきたいですわ。
魅力を最大限に生かし、美のバランスをとる色です。

また個性的に見られたいとき多くの人を惹きつけたいときに身につけるのもよいでしょう。
紫がきつすぎると、逆に近寄りがたいイメージになりますので要注意です。

紫色の種類とイメージ
ラベンダー→ロマンティック
パープル→華麗さ
バイオレット→優雅さ

そのときの気分やなりたい自分に合わせて紫色を使い分けてみると楽しいかと思います
[PR]
by akane_r_space | 2008-01-09 20:49 | 色の効果
さてさて、色のお話

本日は藍色です。
水色より真面目・律儀な印象を人に与えてくれる色です。

体の場所でいうと、額の中央の第三の目と言われるところです。
当店のお客様でこの色を選ぶ方の大半は、目を酷使されて疲れてる方が多いですね~

肉体との関係及び身体への影響
 倦怠感、目の病気、扁桃腺、気管支炎、 湿疹、高血圧、頭痛、ストレス、PMSの症状緩和、頭痛、坐骨神経痛、不眠症の解消、下痢、中毒症状、

低血圧、うつにはむかない色

感情への影響
プラス時→気持ちが穏やかでのんびりしている
マイナス時→疑い深い、機転が利かない、非現実的、

心を落ち着く爽やかさがある色ですが、落ち着きすぎて心が沈んでしまう場合も青色の特徴ですね。

気持ちを静めて落ち着きを促したいとき、疲れをとりたいときに身につけるとよいでしょう。
血圧を下げ、解毒・殺菌効果や鎮痛効果もあるともいわれています。

藍色のイメージ色は海、空、地球など。
さすが地球の色だけあり、疲れた現代人を癒してくれるでしょう。

視覚的な効果では清涼感を与えます。発汗を押さえる作用もあるようなので、暑がりな人が好むとも言われています。

全ての情報の70パーセントは視覚から、入力されると言われています。
藍色は食欲を抑制効果がありますので、ダイエットにも最適です。

おなかいっぱいでも目が食べたい!!!なんてときありますよね?
結局、つまんでしまったり、、

視覚を利用したダイエットで、以前に「青ふりかけダイエット」っていうのを見たことがあります。

ご飯にふりかけると、白いご飯が青くなるというもの。
想像しただけでも食欲がなくなりますね~(苦笑)

食事は美味しく召し上がっていただきたいものですので、青いご飯を食べてまでとも思いますが、、、

そこまでしなくても、テーブルクロスや、食器などで、食事制限されてらっしゃる方はうまく利用するといいですよね。

忘年会シーズンですから、飲みすぎた!食べ過ぎた!もあるでしょう。
そんな日の次の日を控えめに藍色をうまく利用してみるのもいいですね。
[PR]
by akane_r_space | 2007-12-04 17:21 | 色の効果
急に寒くなりましたが、お変わりないでしょうか?
ご無沙汰してしまいすみません。
忙しくて!!!は言い訳にならないですよね。(苦笑)
お客様がおっしゃってました。
「時間は自分が作るもので、忙しい、忙しいを理由にする人は時間の使い方が下手なのよ」と。
なるほど。
そのお客様は女優というお仕事柄とてもハードな方ですが、きちんと自分の体のメンテナンスの時間も作りつつ、台本を明日までに覚えるとなったら、ものすごい集中力で覚えて仕事に望むそうです。
さすが!!!脱帽です。
時間の使い方が下手な私、、、
見習いたいです。

前置き長くなりなりましたが、今日は青の色の効果です。

青色は海や空など手に届かない色で、憧れの色とも言われています。
感情を沈める作用があるとされ、イギリスのある町の景観改善のため街灯を青色に変えたところ、犯罪が急激に減少。これが発端となり、日本でもが青色街灯を導入し始めました。

青といっても二つに分かれます。(水色と藍色)
今日は、水色についてです。

体の部分でいうと、喉に位置します。
レイキの施術で、個人差はありますが、皆さんつまりやすい場所ですね。
日本人は他人や社会とのコミュニケーションが苦手な国民柄、喉の部分がつまりやすいのでししょう。

身体への影響
声による表現や言葉によるコミュニケーション、甲状腺と副甲状腺、新陳代謝率をコントロール
体の平衡を保つ、老廃物の除去、肌のトラブル、歯と顎に関係する全ての病気、傷の治りを早める、炎症によい

無精な人にはむかない色

感情への影響
プラス時→他人とうまく協調することができる。他人の気持ちに影響されない。
マイナス時→未熟、人生を前進できない、孤独、むなしい、明快さの欠如

精神への影響
安らぎを与え、自信をつける、親切で開放的、自由、有益、意気揚々

若返りの色とも言われ、若さと輝きを欲している時、自分を表現したい時、人の関心を自分に向けたいときなどに身につけるといいでしょう。
また信頼感を感じさせる色なので、相手の決断を促したいときにもいいでしょう。
時間を感じさせない色とも言われ、あっという間に時がたちます。リラックスして会いたい人がいるときなどにお勧めです。

インテリアでは勉強や仕事を効率良く行いたいときなどに使うと、集中力、想像力がわいてきて能率が上がります。
また、眠りを誘う色でもあるので、不眠症の方は寝室に取り入れてみるのもいいいですね。
ただ、水色だらけにすると、「マッリジブルー」や「マタニティーブルー」などと言うように気分が落ち込んでしまうこともあるので、注意が必要です。


寒くなり、気分がブルーだわ~ なーんて嘆いてませんか?
寒いと姿勢も丸くなりがちです。首の緊張が強くなり心配です。
喉もつまりやすくなりますからね。

首をゆっくり、回しながらスムーズに動きを感じとり、それとともに喉につまっているものを取り除くイメージで動かしてあげてくださいね。

首の凝りも和らぎ、喉のつまりからも開放されコミュニケーションを図りやすくなるでしょう。

人と人との時間を大切に穏やかな一日をお過ごし下さい。
[PR]
by akane_r_space | 2007-11-20 10:45 | 色の効果
お客様から「眼精疲労」をテーマにして欲しいとのご要望をいただき、色の次は眼精疲労をお伝えしていく予定です。
今日は、眼精疲労にも効果的な緑色について、お伝えしていきます。

緑は可視光線の波長の中で丁度中間色です。目に優しく、安定感があり、視力を回復させる力があると言われています。

「緑は名医」という言葉の通り、軽い頭痛や眼精疲労などは、観葉植物の緑をながめたり、緑のハンカチーフを見るだけでラクになることもあるようです。

身体への影響
ヒーリング、体のバランスを調整、筋肉、皮膚、組織の強化、リラックス効果、バランスを図る力を与える、肝臓と脾臓のバランスを図る、筋肉や結合組織によい

感情への影響
プラス時→理解力、協調性、人生に調和とバランスを求めるように促す
マイナス時→過度に控えめになる

精神への影響
プラス時→与えられた生活に満足し、楽しむことができる
マイナス時→人生は不公平、社会の犠牲者という思いが強くなる


緑は黄色と青を混ぜた色でもあり、明るくプラス志向の黄色、それと正反対の、物悲しい印象の青。この2つの要素がバランス良くミックスされていることで、緑の効果が成り立っています。

一番身近でインテリアに取り入れやすいのは、 植物の緑ではないでしょうか?
癒しの効果、リラックス効果を求め、ぜひご自宅やオフィスにも観葉植物などを置かれるといいでしょう。

余談ですが、、
個人的にとても好きなショップ(プランツプランツ)で、ここのオリジナルアレンジメントがほんと可愛いです。
底穴のない器を使用しているので、オフィスでパソコンがあるからデスク回りに観葉植物はちょっと、、、って方も問題ないと思います。植物だけでなく器やガラス越しに見えるカラーサンドとのコーディネートが綺麗です。

大事な会議や商談がある日は緑を身につけるとよいでしょう。
相手と友好な関係を築き、お互いの関係が穏やかになるでしょう。
自分を押し付けがましくなく売り込みたい場合にも効果的です。

穏やかな一日を緑とともにお過ごし下さい。
[PR]
by akane_r_space | 2007-11-13 04:58 | 色の効果
色っておもしろいですね~
と、ご来店いただいたお客様からも、色のテーマに関して好評です。
読んで下さり、ありがとうございます。

今日は明るく社交的、活力を与えてくれるパワーを持った色、黄色です。

身体的影響力
神経系統、心臓強化、消化不良、体に沈殿するカルシウムの分解不必要な粘膜を出す作用、リンパ系強化、インシュリンの摂取を下げる、肝臓障害、脾臓の沈静剤
重度のノイローゼの方には向かない

感情への影響
プラス時→前向き、温かい心、注目の的になることを楽しむ、大胆に素直な意見を述べる
マイナス時→失望、迷い、不安

精神への影響
物事をしっかり理解する力、知的なパワー、知識の開発と左脳

体の場所で言うと、太陽神経叢、みぞおちにあり、ショックやストレスの影響を真っ先に受けてしまい、胃、肝臓、消化に関係が最も強い色です。

理性、判断力、自信を高めたい時、知性をアピールしたい時に身につけるとよいでしょう。
打ち解けやすい印象を与え、コミュニケーションにも一役買ってくれそうです。
ゴールドのアクセサリーでも同様の効果があると言われています。

逆に、自己中心的になりやすく、イライラしている時は苛立ちや憎悪感を憎幅させやすいので、避けた方がよいでしょう。

風水で「西に黄色」は金運を運ぶと言われています。
また、「幸福の黄色いハンカチ」と言うように、幸福、希望を表す色でもあります。

子供が一番好む色は黄色だそうです。
色の中で一番飛び出して見える色なので、素直な子供達は黄色を選ぶのでしょう。

また注意の色とも言われています。

幼稚園や小学校の子どもたちの通学(園)帽子が黄色だったり、工事や標識など注意看板も黄色ですね。

黄色は神経に作用し、注意を呼び覚ます色として最適なのです。


寒くなってきて気分が落ちたりしてませんか?
明日から、一週間のはじまりだ。お休みは終わってしまった。仕事かあ~なんてぼやいたりしてませんか?

元気をだしたい時に橙ともにとっても効果的です
お部屋に一つ小物やお花を飾るだけでも気分が明るくなるでしょう。

便秘で悩んでいる方は、トイレのペーパーホルダーや便座カバーなどを黄色にされるとよいでしょう。(逆の症状の方はブルーがお勧めです)

エネルギッシュにお過ごしくださいませ。
[PR]
by akane_r_space | 2007-11-11 20:14 | 色の効果
今日は橙色についてです。

橙色は、赤と黄色が混じる色なので、赤と黄色と少し似ている効果をもたらします。


身体的影響
血液循環、精神、神経系、呼吸器、健康な髪、爪、歯、怒りっぽさを直す、腎臓障害、胃、膵臓、膀胱、肺、潰瘍、胆石
便秘、アルコール依存症、関節炎、リウマチ、イライラする人、ストレスで苦しむ方には向かない色です。

感情への影響
プラス時→喜び、楽しさ、勇気、自信、自発的
マイナス時→恐れ、臆病、横柄、惨め、落胆

精神面の影響
積極的に前進し、人生の楽しみを味わう、この上ない喜び

勇気と冒険心、エネルギーで情熱と意欲を持ってと取り組めるようになる。
人を笑わせ、相手を元気にさせたいとき。優しい貴方を演出したいときに、洋服で身につけるのもよいでしょう。
避けたいとき 精神的に混乱しているとき、欲求不満が強いとき、気分が悪いとき、二日酔いのとき、吐き気を感じている場合など

当店をオープンしてまもない頃、、、
元気を与えるカラーでお客様をお迎えしようと思い、施術中のTシャツは橙色を着ていました。

あるお客様に「先生~なんか吉〇家の牛丼屋店員みたい!!」と、
えっ!?た、たしかに吉〇家さんも橙色ですが、私も、、、(苦笑)

うーーーーん。これは微妙~うちは飲食店ではないし、イメージがそれっていうのもセラピストとして(泣)

で、止めました。
元気なイメージは伝わったのかもですが、相手からの印象って難しいなあとつくづく感じました。

まあ、インパクトは強い色なので、そのお客様も覚えていたのでしょう。
相手にインパクトを与えたいときはおススメですが、私の二の舞いを踏みませんように(苦笑)
[PR]
by akane_r_space | 2007-11-07 18:47 | 色の効果
当店で、施術前に色を選んでいただいているので、色の持つ様々な効果などご存知の方も多いでしょうが、生活の中でも役立てていただきたく、詳しくお伝えしていきます。

必要色を目から取り入れるグッズを用意されてもいいですし、身につけるだけでも効果はあります。

色を目だけでなく、皮膚でも見ています。皮膚には光センサーがあり、色を目よりも心よりも先に識別します。

還暦で生まれた年に戻ることから、赤ん坊に生まれ変わった象徴として「赤いちゃんちゃんこ」や頭巾でお祝いをする儀式がありますが、私は、色の効果も含まれていると思います。

赤は、生存を意味し、生きるための基本的な飲食、睡眠に関係しているからです。

今日は
の持つ影響力についてです。

元気と活力をもたらしてくれる色。
自分を主張する、印象付けるパワーを持つ。

身体的影響
外交的、身体の不活発な部分を活性化、アドレナリンを生み出し血液循環促進、血圧を上げる、身体に熱を発生、鉄の吸収促進、
無気力、憂鬱、傷口、やけど、打撲、炎症の時には向きません。

感情への影響
プラス時→温かさ、情熱的
マイナス時→怒り、傲慢

精神面の影響
強い意志、粘り強くありたいという願望


もちろん、欲っしている色を身につけるのも大事ですが、相手からの印象を変えたいときにも役立てるとよいでしょう。

エネルギーを与え、外交的かつ積極的にさせる。情熱や強さが欲しいときなど。
女性の場合積極的で仕事のできる女を演出、人の目をひかせたいときなど。

赤いパンツといいますが、理に適っていると思いますね。
血液促進循環色なので、冷え症の方はおススメです。

避けたいとき、イライラしている、怒りっぽいとき、被害者意識が強いときなど。

ぜひ参考にしてみて下さい。
色の魔力を知ることで、生活が過ごしやすく楽しくなっていただけたらです。
d0115169_1744980.jpg

[PR]
by akane_r_space | 2007-11-04 17:31 | 色の効果