「銀座隠れ家サロン」 笑って泣いて人生マイペースに思いのままセラピストあかねのブログ


by akane_r_space
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森林浴

今日はお天気がよかったですね~
白金方面へ出張だったので、朝早めに出て森林浴をしてきました。

森で感じる独自の香りの正体でもあるフィトンチッド (空気を浄化し殺菌効果も高い物質)のおかげでしょうか?
とても気分がよい一日でした。
大きく深呼吸をして胸いっぱいに吸い込みながらお散歩してきました。

フィトンチッド効果とは・・・
大脳皮質を活性化し、ストレスの緩和、疲労回復などに効果があることが各種の実験と検証データから確認されています。
血液が浄化され新陳代謝が活発になり、全身がリフレッシュ するのだといわれています。

その他にも森林浴の効果として、がん抑制など免疫機能があるナチュラル・キラー(NK)細胞を活性化させる効果があることを、世界で初めて科学的に確認されたそうです。


今日行ってみたのは、国立博物館附属自然教育園です。

一般的な植物園や庭園と違い、自然の移りゆくまま昔の面影が残る、自然本来の姿に近い森の状態に残してあるそうです。

とても親しみのもてる森だなと感じました。


写真の松は江戸時代の名残と言われる「物語の松」です。
今から300~400年前からの木になるのでしょうか。
雨風に耐えて暑さ、寒さにも負けず今日まで生き抜いてきた巨木の前に立つと存在の大きさに言葉がでませんでした。
歴史を感じますね~


たまには、自然からの贈り物の散歩に出てみるのも楽しいですよ。

d0115169_21501566.jpg
[PR]
# by akane_r_space | 2008-01-31 22:38 | 健康と美容

色のお話、、、

去年からだいぶ時間が、かかりました(汗)
すみません

今日で最終話です。

ピンクです

女性らしさである、癒し、愛情、豊かさ、優しさ、といったものを持つカラーです。
ホルモンバランスを整えてくれるともいわれ、婦人科系の疾病を緩和させるともいわれています

「ピンク」という色から私は桜を連想してしまいます。
寒い日が続きますと春が待ち遠しいですね。

桜の花のパァーと咲いて、華麗に散っていく姿が大好きです。

ピンクは幸せな気分にしてくれます。
だから、お花見の観光客はみんなうれしそうなのかしら?
それとも花より団子かしら?

私は桜も好きですが、やはり後者かしら(笑)

身体への影響
脳への血液、がんばりすぎているときに味方になる色
ホルモンバランスを整えるよう働きかける
美しい肌、体内作りにも作用する
体の波動を高める
治癒力を高める

感情への影響
プラス時→何かこだわっているものから自ら解き放ちたいという思いが強まる
マイナス時→支配的、狂言的、自愛にかける


ピンクセラピーと言う療法をご存知ですか?
ドイツの哲学者ルドルフ・シュタイナーは生命を象徴する色と定義しています。

とても興味があり、昔受けたことがあります。
画用紙を渡され、ひたすらピンク色に塗っていきます。
私はだんだんピンク色を塗っていくうちに今迄の人生で幸福だった時を思い出しました。
もちろん個人差はあるとは思いますが、心のケアによいセラピーだなと感じました。

また、情緒不安定や凶暴性のある人を実際に沈静させる効果があることが発見されています

攻撃的で凶暴だった収容者をピンクの色に塗られた独房に入った数分後には、おとなしくなったと刑務所などで実地テストされたそうです。


ピンクを通して気持ちを静め、自分のことを愛せ、人からも愛される自分になれるでしょう。

何かに失敗したり、憤りを感じたときなど自分のことなんて大嫌い!!!と、思ってしまうこともあるかもしれません。

そんなときはぜひピンクマジックで心も体も癒してあげて下さい。
[PR]
# by akane_r_space | 2008-01-22 12:28 | 色の効果
お正月明けいかがお過ごしですか?
新たな気持ちでスタートがきれていること願います。

引き続き色のお話です。
今日はです。

昔から、高貴な色として、尊ばれていました。
聖徳太子が定めた階級の位がいちばん高いことを表す冠の色が紫だったそうです
当時、布を紫に染めるには高価な紫草の根 (紫根)が大量に必要で、労力と時間が
かかったことも、高貴な色に選ばれる理由の一つなのでしょう。
また、紫根は、皮膚病の薬や胃腸薬として使われてきました。
紫には、回復する力があり、紫の波長には、細胞の中の遺伝子の損傷をなおす働きがあることが解明され、心や体が傷ついた時の癒しの色でもあります。

身体への影響
脳下衰退、目を丈夫に、白血球の生成、血液の浄化、ナトリウムとカリウムのバランス、頭頂部、脳、頭皮、松果体を象徴する色。心筋を含む全ての筋肉の緊張を解放。体内の炎症、免疫システムの障害、出血量の低下
(特にすみれ色は胎児とつながる色で不妊治療によいといわれている)

感情への変化
プラス時→自尊心、威厳、自重などの感情に働きかける。
マイナス時→忘れっぽい、理屈っぽい、分散

過度に周囲の反応が気になるとき、情緒不安定時は避けたい色です。

感受性や直観力を磨くエネルギーを持ち、潜在能力を引き出します。
また、濃い紫は特に向上心をサポートするので、お正月休みが長く、お仕事モードでなくなってしまった方にもお勧めですね~(笑)

クレオパトラが愛した色とも言われてます。
歴史上、最も有名でありながら、クレオパトラの実像は神秘の厚いベールで覆われ
ている謎めいた人物ですよね。
紫には、謎めいたムードがあり、クレオパトラっぽいなとなんとなく納得!!

三大美女が愛した色ですからぜひ、女性には積極的に身につけていただきたいですわ。
魅力を最大限に生かし、美のバランスをとる色です。

また個性的に見られたいとき多くの人を惹きつけたいときに身につけるのもよいでしょう。
紫がきつすぎると、逆に近寄りがたいイメージになりますので要注意です。

紫色の種類とイメージ
ラベンダー→ロマンティック
パープル→華麗さ
バイオレット→優雅さ

そのときの気分やなりたい自分に合わせて紫色を使い分けてみると楽しいかと思います
[PR]
# by akane_r_space | 2008-01-09 20:49 | 色の効果

謹賀新年

皆様、あけましておめでとうございます。

今年も多くの皆様にお目にかかれるのを楽しみにお待ちしております。
アカネ リフレッシュ スペースをよろしくお願いいたします。

2008年の気づきです。

今日お店の前の「三吉橋」で4歳くらいの子供がお母さんに「これ?なに?」と三吉橋前にある碑を指して聞いていました。

なんだろう?
毎日目にしているから、気にもしなかった私、、、

後から碑に目を通して今さらながら気づきました。
三島由紀夫の「橋づくし」の舞台になっていたんですね。

無知である自分が恥ずかしいのと、子供の好奇心旺盛さに驚きました。

好奇心旺盛に何事にも興味を持つって大事ですね~
と考えていたら、学生時代に学んだ懐かしい名言を思い出しました。

『好奇心は、恐れを越える。勇気よりも容易に… 』
Curiosity will conquer fear even more than bravery will.

(ジェームズ・ステファン)

何か一つでも好奇心のもてることを探しいれば、知らず知らずのうちに、何でも乗り越えられる気分になってきません?
(私が単純なのかもですが、、、笑)

2008年
一日ひとつでも好奇心のもてることを是非探してみて下さい。
[PR]
# by akane_r_space | 2008-01-05 19:50 | アカネリフレッシュスペース

ありがとうございました

本日最後のお客様をお見送りしまして2007年の業務を終わらせていただきます

たくさんのお客様のご来店と出会いに感謝の気持ちでいっぱいです。

2008年もアカネ リフレッシュ スペースをよろしくお願いします

皆様よいお年をお過し下さいませ
[PR]
# by akane_r_space | 2007-12-31 21:04