「銀座隠れ家サロン」 笑って泣いて人生マイペースに思いのままセラピストあかねのブログ


by akane_r_space
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:花( 2 )

突然のこの寒さで体調崩されたりしてませんか?
ホルモンバランスのお話の途中ですがすみません。

とっても感動し、癒されたのでお伝えしたくて♪

今日は銀座の教文館 エインカレムギャラリーにてカリグラフィーの作品展を観てきました。

カリグラフィーとは西洋の書道といわれてます。
ギリシャ語で「美しく書く」という語源をもっているそうです。
文字だけでここまで表現できるんだなと毎回感動します。

そして、今回見に行きました松田先生の作品は美しい植物やレースなどで装飾され、見ていてうっとりします。

また、作品の一つ一つの芸が細かくアンティークなイメージで仕上げたい為か(勝手な私の想像ですが)作品の紙の周りを火で炙っていたり、牛皮か豚皮か忘れましたが、皮の上にペインティングしてあったりと、見ているだけでワクワクしました。

ご興味のある方はぜひ!!!

銀座 教文館 ことばのオープンガーデン 松田圭子作品展


クッリクしたところに載っているスパニッシュローズの花びらの色がとっても優しく、見ているだけで癒されます。

そして作品の言葉
「いつも喜んでいなさい。 絶えず祈りなさい。 どんなときも、感謝しなさい。」

聖書は詳しくないですが、多分聖書の一節でしょうね。
そうですね。
感謝の気持ちってほんとに大事だと思います
「何事においても自分の周りで支えてくれる人たちに感謝の気持ちをもつこと」っていつも思います。
あらためていつもご愛顧いただいてる皆様、ブログを読んで励ましてくださる方々、感謝の気持ちでいっぱいです。

d0115169_19571323.jpg

d0115169_19574536.jpg

[PR]
by akane_r_space | 2008-05-13 20:10 |

今日もお天気がいいですね~♪

花見日和ですね~

私は昨日の朝方、お散歩がてら上野公園へ行って来ました。

平日の午前中にもかかわらずたくさんの人で賑わってました。

桜を見るのももちろんですが、気候がよいのと桜マジックで、気分がよいのか、誰もがほのぼのとリラックスしていて、その表情をみるだけでとても和めました。←職業病か、すぐ人間ウオッチングをしてしまう私です。(苦笑)

ボーっとベンチに座っていると、隣のお爺さんが真剣に書き物をしてるので、桜の風景画でも描いているのかなあ?とのぞいてみると、ぎっしり、桜や花のつく言葉が!!!

どうやら詩だか俳句だかを書かれている様子。

気になってちょこちょこのぞいていたのに気づかれ、お爺さんが教えてくれました。

「平安よりもっと前から花と詠めば桜を意味するほど桜ってのは日本の花で特別なんだ」と。

「お前さん、桜にまつわる言葉を知らんじゃろ?」

と言われ確かに。。。すぐに出てきませんでした。

いくつか教えていただき、家に帰り辞書で調べてみると沢山あるんですね~

桜にまつわる言葉

 桜狩  花見をすること。
 桜影  水辺の桜が水面に映る様子。
 桜陰  桜の木の陰。
 桜人  桜を愛でている人のこと。
 花便り 桜の開花を知らせる便り。
 花篝   夜桜を見るための篝火 。
 花明り 満開の桜で闇の中でも辺りがほの明るい事。
 花の雲 花と花が満開になってつらなった雲のような様子。
 花冷  桜の頃に急に冷え込むときのこと。
 花曇  桜の頃の薄明るい曇天のこと。
 花の雨 桜の頃の長雨。
 花巡 桜の花を求めて山野を訪ねること。
 花散らし 桜の季節に野外で遊ぶこと。
 花疲れ 花見のあとの気だるい感じ。美しいものをみた充足感。
 飛花 ひらひらと舞いながら散る花びらのさま。
 花筏 筏に桜の花が散りかかる様子。または水面に散って吹寄せられた花びら。

現代では、あまり使われない言葉ですが、どれも美しい響きとともに、その様子が思い浮かびますね。

せっかくのこの時期にぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

「疲れたー疲れたー」

なんて言うより、「花疲れだわ」と言った方が、とても風情がありますね。

残業になりそうな時、今日は炊事も洗濯もしたくない時、上司や旦那さまに使ってみてはいかがでしょうか?

免れるかも!?(笑)

目指せ!!!!風流美人♪♪♪

花冷えの季節でありますので、無理しませんように・・・

d0115169_14303446.jpg

d0115169_14313177.jpg

[PR]
by akane_r_space | 2008-03-29 14:32 |