「銀座隠れ家サロン」 笑って泣いて人生マイペースに思いのままセラピストあかねのブログ


by akane_r_space
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:健康と美容( 3 )

内臓の冷え

ご無沙汰ブログですみません。

最近朝夕と涼しい風が吹き、空を見上げても夏の入道雲ではない雲がちらほらと秋の予感ですね~

暑いのが大好きな私はまだまだ夏が続いてほしいなあとちょっと寂しい今日この頃です。

最近、お客様のお体の状態でとても気になっているのが、「内臓の冷え」です。

手足の冷えなどはご自身で実感されている方も多いですが、内臓冷えとは?とよく聞かれます。

 内臓冷えとは、深部体温と呼ばれ、内臓の体温が低い状態のことを言います。
実は深部体温は新陳代謝の働きに大きな影響を与えていて、内臓体温を1度上げれば、新陳代謝は15%もアップすると言われています
なぜ内臓が冷えるのでしょうか?
答えは、夏の間の冷たいものの食べ過ぎ、飲み過ぎや、室内外の温度差の変化で自律神経が乱れてしまっているのが原因になります。
自律神経が急激な温度変化のために乱されると、多くはストレスに反応する交感神経にかたよります。
すると血液の循環が悪くなり、胃腸などの内臓冷えが起こります。

暑いからといってシャワーだけの生活もよくないですね。
恐ろしいことに体の中心が冷えっぱなしになると、脳は現在「冬」であると勘違いして、脂肪を溜め込もうとするのです。

冬眠中の熊にはなりたくないですね~(笑)

夏バテや夏太り、下痢気味、便秘気味の方も、内臓冷えを疑ってみてください。

手のひらでおへその上と下をさわり、おへその上のほうが下よりも温度が低いと感じたら要注意です。

対処法は基本的なことですが、適度な運動、シャワーだけで済まさずお風呂に入り体の芯まで温める、冷飲食はほどほどにを心がけましょう。

※内臓の中心部に必要な温度は37.2度

わきの下の体温が36.5度前後なら、体内温度は37.2度程度あるということになり、生命力がもっとも活発になる体温で、細胞の新陳代謝も活発に行われています。

体内の温度が37.2度に満たないと、免疫力の低下、自律神経の失調、ホルモンのアンバランスなどを引き起こします。
[PR]
by akane_r_space | 2008-08-28 13:23 | 健康と美容

風邪

春なのに…
↑歌じゃないですよ~(笑)
分からない方もいらっしゃいますよね。あ。。。年齢が・・・(苦笑)

まだまだ寒い日が続きますね~
お天気もはっきりせずで。

皆さん体調崩されたりしてませんか?

気候の変化が激しいせいか、この時期風邪をひかれているお客様が多いです。

今日は、自然療法的風邪への対処法についてです。

風邪を一年に何回もひいてしまう方は免疫系を強化する必要があります。

風邪をひかない方が「健康で元気」というのが一般的に言われますが、一年に一度や二度は風邪をひき、こもってしまった毒素を排泄させるためにも風邪を引くことも大事だそうです。
また、「風邪さえ引けないほど元気がない。心身のアンバランスを即効の風邪ひきでバランスさせその後の爽快感を楽しむ」というような考え方もあるそうです。

仕事が休めない。勉強や家事で忙しいなど、風邪などひいている場合ではないからと、症状だけを抑えるような解熱剤や咳止めに頼りたいとこですが、こもった毒素を排出させるためにも自然療法的風邪対処法をしていただきたいです。

①身体を温める。※入浴後は身体が冷えるので、急性期は入浴は控える。
②十分休息をとる。※横になっているだけは退屈だからと、テレビ、読書などは避ける。(目が休まらないと身体を休めたことにはならないので。)
③食事を減らす
現代医学では風邪のときは十分に栄養を取ると指示していますが、自然療法では消化力の落ちているときの食事は、消化しずらいのでますます治癒する力が弱くなると考えられています。
④トリカツ小さじ四分の一くらいに少量の蜂蜜を入れて好みのお湯量で飲む。
trikatu(トリカツ)とは“the three pungents(刺激的な3つのハーブ)”ともよばれ、アーユルベーダでも人気が高いハーブブレンドです。ジンジャー(ショウガ)、ブラックペッパー(黒コショウ)、ロングペッパーで体をポカポカと温める。また、おなかの調子のサポートや、体内をスッキリさせる効果があるともいわれています。
※コショウを飲む!!!っていうことに抵抗がある方もいらっしゃると思いますし、ロングペッパーは入手しづらいので、ジンジャーに蜂蜜でもよいですね。
⑤うがいの励行(番茶やセージ、タイムをブレンドしてうがいをると効果的)
⑥風邪予防のためにも、定期的にビタミンCを服用する。
⑦ニンニクを食べる。
ショウガ、ネギも殺菌効果が期待できるが、中でも、ニンニクは疲労を回復させ、免疫力、抵抗力を高める。
 ニンニク特有の強いにおいの正体、アリシンなどの硫化化合物には、強い殺菌・抗ウイルス作用がある。

風邪を引かれてしまった方はぜひ一つでも試してみて下さい。
風邪をひいてない方も予防のために、日頃からうがいやビタミンC摂取は心がけるとよいですね。

ハーブ好きの私は、風邪や抵抗力が弱っていると感じたときにエキナセアをとるようにしています。
エキナセアとはアメリカ先住民の伝統医学から生まれた抗生物質、免疫強化剤です。

※注意
エキナセアはキク科の多年草なのでキクの花にアレルギーのある人は摂取を控えたほうがよいでしょう。

レモンの絞り汁と蜂蜜をいれていただくとさらに効果アップです。
[PR]
by akane_r_space | 2008-04-15 22:22 | 健康と美容

森林浴

今日はお天気がよかったですね~
白金方面へ出張だったので、朝早めに出て森林浴をしてきました。

森で感じる独自の香りの正体でもあるフィトンチッド (空気を浄化し殺菌効果も高い物質)のおかげでしょうか?
とても気分がよい一日でした。
大きく深呼吸をして胸いっぱいに吸い込みながらお散歩してきました。

フィトンチッド効果とは・・・
大脳皮質を活性化し、ストレスの緩和、疲労回復などに効果があることが各種の実験と検証データから確認されています。
血液が浄化され新陳代謝が活発になり、全身がリフレッシュ するのだといわれています。

その他にも森林浴の効果として、がん抑制など免疫機能があるナチュラル・キラー(NK)細胞を活性化させる効果があることを、世界で初めて科学的に確認されたそうです。


今日行ってみたのは、国立博物館附属自然教育園です。

一般的な植物園や庭園と違い、自然の移りゆくまま昔の面影が残る、自然本来の姿に近い森の状態に残してあるそうです。

とても親しみのもてる森だなと感じました。


写真の松は江戸時代の名残と言われる「物語の松」です。
今から300~400年前からの木になるのでしょうか。
雨風に耐えて暑さ、寒さにも負けず今日まで生き抜いてきた巨木の前に立つと存在の大きさに言葉がでませんでした。
歴史を感じますね~


たまには、自然からの贈り物の散歩に出てみるのも楽しいですよ。

d0115169_21501566.jpg
[PR]
by akane_r_space | 2008-01-31 22:38 | 健康と美容